【Among Us】インポスターの立ち回り・コツ(Airship編)

Among us

Among Usに新マップ「Airship」が追加されました。

最近では、Youtube実況者の多くの方がこの「Airship」をプレーしており、少しずつこのマップの全体像をつかみ始めている方も多いのではないかと思います。

「Airship」は今までのどのマップよりも広い上に、ギミックがたくさんあり難易度が上がっております。

インポスターになったはいいものの、どう動けばいいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、私が考えた「Airship」におけるインポスターの立ち回り方のコツをご紹介したいと思います。

「Airship」においてインポスターをする場合の参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

サボタージュ有効活用法

「Airship」におけるサボタージュは以下4種類が存在します。

① 衝突コースを回避する
② 停電
③ 通信障害
④ ドア閉め

それぞれのサボタージュについては、下記記事で詳しく解説しております。

【Among Us】新マップ「The Airship」サボタージュ・攻略方法・コツまとめ!
Among Usに登場した新マップ「The Airship」のサボタージュや攻略方法をまとめました!

「Airship」ではドア閉めのサボタージュを行った後に、他のサボタージュを発動させることが可能となっております。

ただし、逆に他のサボタージュを発動させてからその最中にドア閉めを行うことは出来ません。

そのためインポスター側は、「ドア閉め」→「他のサボタージュ」というサボタージュ連続使用によりクルーの動きを制限することが出来ます。

また、「Airship」においてサボタージュの使用方法は盤面によって使い分ける必要があります。
以下でそれぞれのサボタージュの有効使用法を解説いたします。

衝突コースを回避する

「Airship」での衝突回避のサボタージュは、「The Skeld」のリアクターと似ています。

しかし、同時に解除できなかった場合、コードがリセットされる点が異なります。

ゲーム中盤でタスク進行を遅らせたい場合におすすめのサボタージュとなります。

また、最終盤面でインポスター1人、クルー3人となった場合に使用することでワンチャンスにかけることができます。

やり方としては下記となります。

  1. まずこのサボタージュを発動し、クルーにサボタージュを解除させます。
  2. 左側でクルーが一人になった場合、右から左に移動床で移動しそのクルーをキルします。
  3. 全てのドアを閉め、逆サイドからクルーが回ってくる間にキルクールタイムを稼ぎます。
  4. 最後に回ってきたクルーをキルします。

この方法は成功するかしないかはクルーの移動速度及びドア開けの速度に依存するため、一か八かの勝負に出たい時に使用するようにしましょう。

停電

「Airship」では停電を3か所で直すことが出来るため、従来のマップよりも威力が弱まっております。

ただし、停電はキルとの相性が良いことに変わりはないため、組み合わせて使用するようにしましょう。

また、配電盤は3か所で共通のため、インポスター側はどこの配電盤でもカチカチ妨害をすることができます。

最終盤面でインポスター2人、クルー3人が残っている場合は、インポスターの一人は妨害をすることで、もう一人のキルクールタイムを稼いであげるようにしましょう。

通信障害

「Airship」における通信障害は「プレイヤーを左側に集めることが出来る」点で強力です。

また、マップが広くタスクが各所に散らばっているため、全部を覚えていることは難しいことより、クルー側は通信障害を無視し続けることは難しいと思います。

そのため、「Airship」においては、ゲーム序盤のタスクもプレイヤーも多いときに、マップ右側でキルしてから左側の通信障害を起こすのがおすすめです。

ただし、注意点として、通信障害とコックピットのアドミン端末は距離が非常に近く、通信障害を直した後にアドミンを見る流れが出来るため、注意が必要です。

スポンサーリンク

フェイクタスクおすすめスポット

インポスターはキルクールタイムを稼ぐため、そして自身をクルーと見せかけるために、タスクをしているフリをする、すなわちフェイクタスクをする必要があります。

「Airship」のタスクは今までのマップと異なり、所要時間が長いものが多くあります。

その中でもおすすめのフェイクタスクスポットを紹介します。

金庫開錠(@貨物室)

金庫開錠タスクは、操作が難しくなかなかうまく開けることが出来ない人が多いと思います。

そのため、この場所で長く居座っていたとしても、「タスクがなかなか上手くいかなかった」といういい訳が通用します。

また、後述しますが、金庫開錠タスクの場所はキルのおすすめスポットでもあるため、進んでこちらを訪れることをおすすめいたします。

タオル拾い(@シャワー室)

シャワー室での「タオル拾い」は、タオル8枚を全て拾った後にそれらのタオルを全てかごに入れる必要があり、かなり時間を要するタスクになっております。

また、かごに入れている最中に会議ボタンを押されると、初めからやり直しになってしまうため、ボタンを押された際は「最悪や、タオル7枚入れ終わったのに最初からになったわ」と言うと、信憑性が上がります。笑

注意点は、タオルはまず拾うところから始まるため、タオルを拾っていないのにかごにいきなり行ってしまうと疑われる可能性がある点です。(ただし、前のターンに拾っておいた、という言い訳も可能です)

ブレーカーをリセットする(@電気室)

「Airship」最大の面倒さを誇るタスクが、この電気室のブレーカーのタスクです。

ブレーカーに1~7までの番号が振ってあり、それらを数字順に下ろしていく必要があります。

インポスターはこの面倒くさいタスクを逆手に利用しましょう。

電気室をうろうろしていても、このタスクをしていることにすれば怪しまれることがありません。

積極的に電気室を徘徊してキルクールタイムをためましょう。

スポンサーリンク

キルおすすめスポット

電気室

電気室は入り組んでいるため、キルにはもってこいのスポットです。

・入り組んでいて、死体が見つかりにくい
・ブレーカーをリセットするハードなタスクも存在するため、うろうろしながらキルクールタイムを稼いでも不審に思われにくい

部屋内のシャッターのどこが閉まっているかは毎試合ランダムとなるため、どちらの通路が開いているかというのを把握してキルをするようにしましょう。

金庫開錠タスク前(@貨物室)

貨物室にある金庫タスク前は絶好のキルスポットです。

・タスクに時間がかかるため、クルーがとどまっている時間が長い
・上から死体が見えず、死体発見のためにはわざわざ回り込んで確認する必要がある

銃を片付けるタスク前(@武器庫)

・武器庫は奥まっていて、周りから見えづらい

アップロードタスク前(@展望デッキ)

・マップの端のため、用がなければ通ることがない
・死体発見が遅れやすい
・アドミンを見て、展望デッキで孤立している人を見つけたらベントで飛んできてキルをし、すぐにベントでアドミンに戻ることが出来る

ミーティングルーム

・会議ボタンを押しに来る人をキルする
→死体発見もしくは会議ボタンを押されない限り、ずっとキルできる
・入り口が一つしかないため、人の出入りを監視できる

ミーティングルームは絶好のキルスポットです。

会議ボタンもしくは死体発見でしか会議をスタートさせられないため、上手くいけば永遠にキルを稼ぐことが出来ます。

そのため、なるべく奥からキルをするようにしましょう。

サボタージュとあわせてキルクールタイムを稼ぐことで、次々とクルーをキルすることが出来ます。

スポンサーリンク

インポスター行動時の注意点

キルクールタイム

下記行動をしている際、キルクールタイムが減らないため注意が必要です。

<Airship特有>
・移動床使用時
・はしご使用時
・ドア閉めサボタージュ解除時
<他マップと共通>
・各種端末使用時(アドミン・監視カメラ・バイタル)
・サボタージュ解除時(衝突回避・停電・通信障害)
・緊急会議ボタン
・ベントの中

逆に、他のプレイヤーと行動している際に全然ドアを開けなかったりすると、キルクールタイムを稼いでいると疑われてしまうため、そちらの注意も必要です。

ベント使用

コックピットのベントはかなり強力です。

アドミン端末を見ながら、浮いている人を探すことが出来る上、入り口が一か所しかない展望デッキ及び金庫室に飛んでキルが出来ます。

※コックピット・展望デッキ・金庫室は入り口が一つしかないため、プレイヤーの出入りが1か所からしかありません。そのため、プレイヤーは孤立しやすく、他の人に見られるリスクが下がります。

シャワー室と貨物室を繋ぐベントもかなり強力です。

クルーの場合はアーカイブ・ラウンジを通って遠回りをしないといけないところを、一瞬で大移動することが出来ます。

このベント使用は、キルした後のアリバイ作りをするためにおすすめのムーブとなります。

アーカイブのベント

アーカイブのベントだけは注意が必要です。

扉を開けようとすると、通常「使用」のボタンが出るかと思いますが、アーカイブからラウンジ側へ抜ける扉を下から開けようとすると、間違えてベントに入ってしまいます。

意図せずベントに入ってしまう恐れがあるため、扉が閉まってる際には上から開けるという注意が必要です。

また、扉が閉まっていて下から開けるプレイヤーを発見した際はクルーであることが確定してしまいます。万が一下から扉を開けるプレイヤーを見てしまったとしても、ゲームの公平性を保つために他のプレイヤーには知らせない方が賢明かもしれません。

監視カメラ

誰かが監視カメラを使用している際は、監視カメラが赤く光ります。
(上図の赤四角で囲った部分)

見えづらいため、注意が必要です。

なお、監視カメラは画面切り替え式となっておりますが、どこを見ていてもすべてのカメラが光るようになっています。

そのため、カメラが光っているからと言って、自分のところを見られていない可能性もあります。

会議ボタン

「Airship」では、会議ボタンを押されると、後ろの画面でその直前でしていた行動が継続してしまいます。

ベントに入っている最中に会議ボタンを押されると、上図のようにベントから出た状態になってしまうため、インポスターであることがばれてしまいます。

(1枚目がベントに入っているところ。2枚目が会議ボタンを押された様子で、3枚目が会議画面に移行する際に一瞬映るシーンです)

これを防ぐ方法はないため、インポスターとしては注意のしようがありません。

万が一自身がクルーの際にインポスターを見てしまったとしても、モラル的に黙っておくようにした方がいいかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では「Airship」におけるインポスターの立ち回り方を紹介いたしました。

「Airship」はマップが広く、クルーであっても浮き位置になってしまう可能性が高いです。

そのことを利用し、大胆なキルが出来ると楽しいですね。

このほかにも、Among Us関連の記事をたくさん書いております。

「Airship」の全タスク解説記事はこちらとなります。

【Among Us】新マップ「The Airship」全新タスク紹介!
【Among Us】に登場した新マップ「Airship」の全タスクを紹介します!

また、攻略記事のまとめページはこちらになります。
よければこちらの記事もご覧ください!

【Among Us/アモングアス】攻略記事まとめ!
Among Usの攻略記事をまとめました。こちらからそれぞれのページに飛んでご覧ください!

本記事が参考になりましたら嬉しいです。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました