【Feign】14種類の役職一覧まとめ【おバカ人狼】

Feign

Feignというゲームをご存知でしょうか。

イノセント」・「インポスター」・「ニュートラル」の3陣営に分かれて行う人狼ゲームのようなゲームで、「バカ」と呼ばれる一風変わった役職が存在することが特徴的なゲームとなっております。

4~12人で遊ぶことができ、1ゲーム早くて10分、長くても30分程度で終わるため、気軽に遊ぶことが出来るかと思います。

本記事では、そんなFeignに存在する役職についてまとめていきたいと思います。

(2022年3月11日追記)
2022年3月11日に行われたアップデートについては、下記記事でまとめておりますため、良ければこちらの記事もご覧ください!

【Feign】最新アップデート情報まとめ(2022/3/11時点)【おバカ人狼】
2022年3月11日にあった最新アップデート情報をまとめてみました!
スポンサーリンク

Feignのルール

まず、プレイヤー全員に対して役職が割り当てられます。

プレイヤーは大きく分けて下記3陣営に分かれます。

① イノセント(村人陣営)
② インポスター(人狼陣営)
③ ニュートラル(第三陣営)

イノセント(村人陣営)

インポスター・ニュートラルを見つけ出し、昼の議論時に投票によって追放します。

他の陣営を全て追放することが出来れば勝利となります。

インポスター(人狼陣営)

夜に他のプレイヤーを襲撃することが出来ます。

イノセントの数とインポスターの数を同数にすることが出来れば勝利となります。

ニュートラル(第三陣営)

ニュートラルの勝利条件は役職によって異なります。

スポンサーリンク

Feignの役職(全14種類)

Feignの役職は全14種類あります。

大きく分けると、下記のようになっております。

イノセントのみ

バカ

Feign最大の特徴である「バカ」は、何らかのイノセント役職を与えられたように見えますが、実際は何の能力も持っていません。

能力が使えているのかどうか、他プレイヤーとの議論から推測する必要があります。

また、殺害されるもしくは役職が開示されるまでは「バカ」であることはわかりません。

なお、後述する「挑発者」は「バカ」になることはありません。

(2022年3月11日更新)
<ドクター>
ドクターがバカの場合でも、相手の家に行ったことが伝わるようになりました。
すなわち、訪問結果からバカかどうかはわからないようになりました。

<ネズミ>
ネズミでもバカである可能性があるようになりました。
すなわち、朝の行動でネズミのモーションをしたとしても、バカの可能性があります。
ネズミがバカだった場合、占いではデタラメな結果を受け取ります。

<ルックアウト>
ルックアウトがバカの場合、多数のプレイヤーが家に訪問しているという結果を受け取ってしまい、すぐに自分がバカであると悟ってしまっておりましたが、バカのルックアウトが見る訪問者の数が減りました。
(なお、バカのルックアウトが「訪問者なし」という結果を受け取ることもあります。)

ドクター(使用回数制限:制限なし)

ドクター」は選択したプレイヤーが死亡した場合、生き返らせることが出来ます。

選択されたプレイヤーは、自身の生死に関わらず、ドクターが訪問したことを把握することが出来ます。

(2022年3月11日更新)
2回連続で同じプレイヤーの家を訪問することが出来なくなりました。

インポスターのみ

ブレイマー(使用回数制限:2回)

ブレイマー」は選択したプレイヤーの役職をインポスターに見せます。

なお、インポスター陣営にも同一役職がある場合は、役職はそのままに陣営だけ変化して見えます。
(例:緑のねずみが対象となった場合、赤のねずみに見えるようになります)

クリーナー

クリーナー」は選択したプレイヤーが死亡または追放された場合に、公表される役職をわからなくします。

(2022年3月11日更新)
クリーナーの能力を行使した際、家にクリーナーが来たことがわかっていましたが、相手に分からなくなりました。

また、クリーナーをした対象のプレイヤーにインベスティゲーターまたはねずみが能力を行使した際、黄色のはてなマークが出て、結果がわからないようになりました。

イノセントまたはインポスター(どちらの可能性もある)

ねずみ(使用回数制限:1回)

選択したプレイヤーの役職と陣営を知ることが出来ます。

能力を使用した場合、次の昼のターンに、能力を使用したことが全員に公表されます。

なお、能力は1回のみ使用することが出来ます。

ポリス(使用回数制限:制限なし)

選択したプレイヤーの家を訪問し、外に出ることを出来なくさせます。

外に出ることが出来なくなったプレイヤーは、能力を使用することが出来ません。

なお、ポリスが外出を防止した時は、相手に姿が見えますが、相手から自分の色は見えません。
また、ポリスの訪問先のプレイヤーが外出をしなかった場合、「外出をしていないこと」を知ることが出来ます。

(2022年3月11日更新)
2回連続で同じプレイヤーの家を訪問することが出来なくなりました。

トラッパー(使用回数制限:制限なし)

選択したプレイヤーの家にトラップをしかけます。

その家を訪問した人はトラップにかかり、能力を使用することが出来なくなります。

訪問者が複数いた場合はランダムで一人が選ばれます。

ルックアウト(使用回数制限:制限なし)

指定したプレイヤーの家に、誰が訪問したのかを知ることができます。

ただし、「シリアルキラー」「トラッパーにかかった人」は知ることが出来ません。

インベスティゲーター(使用回数制限:制限なし)

選択したプレイヤーの役職と陣営を2択に絞り込むことが出来ます。
(正しい結果と間違った結果の2つを受け取ります)

1つはイノセント陣営の役職で、もう一つはインポスター陣営もしくは第三陣営の役職が表示されます。

挑発者(使用回数制限:2回)

選択したプレイヤーの家を訪問し、翌日の昼に票を2票入れた状態でスタートすることが出来ます。

(2022年3月11日更新)
ゲーム終了時に挑発者とインポスターが一緒に生存しており、その夜にインポスターに対し挑発行為を行った場合、挑発者が勝利するようになりました。

また、挑発者の能力を行使した先のプレイヤーが死んでしまった場合、使用回数の制限が減らないようになりました。

ニュートラル

シリアルキラー

シリアルキラー」は選択したプレイヤーを殺害することができ、その際にトラッパーやポリスの妨害を受けません。

勝利条件は、他のプレイヤーをすべて死亡させることとなります。

(2022年3月11日更新)
シリアルキラーがキルしたプレイヤーは役職が「わからない」と出るようになりました。

ボマー

ボマー」は夜の行動で、選択したプレイヤーの家の中に爆弾を仕掛けることが出来ます。
または、仕掛けた爆弾を爆発させることが出来ます。

勝利条件は、他のプレイヤーをすべて死亡させることとなります。

(2022年3月11日更新)
ボマーによる爆弾の起爆が、ポリスによって止められなくなりました。

サバイバー(使用回数制限:3回)

サバイバー」は夜の行動で殺害されても3回まで復活することが出来ます。

勝利条件は、ゲームが終了するまで生存することとなります。

シーフ

シーフ」は選択したプレイヤーを殺害し、殺害したプレイヤーの役割を盗むことが出来ます。

勝利条件は、盗んだ先の役職の勝利条件となります。

(2022年3月11日更新)
<シーフがボマーの役割を盗む場合>
盗む前のボマーが設置した爆弾を引き継ぐようになりました。
なお、もし爆弾が自分に仕掛けられていた場合、自分の家の爆弾以外が爆発するため心配する必要はありません。

<シーフがインベスティゲーターの役割を盗む場合>
インベスティゲーターの役割行使の結果を引き継ぐようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

おバカ人狼「Feign」の役職についてまとめてみました。

人狼ゲームでは素村が存在しますが、Feignではすべてのプレイヤーが役職を持っているため、素村が存在しません。

また、「バカ」がいることによって、その戦略の幅が広がりますし、何といっても仲間とバカバカ言い合いながらゲームをするのは楽しいかと思います。

簡単なルールと流れについては下記記事でまとめておりますため、良ければこちらの記事もご覧ください。

【Feign】簡単なルールと流れまとめ【おバカ人狼】
おバカ人狼「Feign」の簡単なルールと流れをまとめてみました。

本記事が参考になりましたら幸いです。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました