【Among Us/アモングアス】インポスターテクニック集!おしゃれなキルをしたい方必見!

Among us

みなさんは「Among us」というゲームを御存じでしょうか。

Among usを一言で説明するならば、「宇宙船を舞台にした人狼ゲーム」のようなものです。

PC/iOS/Andorid/Switchでプレイすることができ、PC・Switch版では520円、モバイル版では無料でゲームをプレイすることが出来ます。

<アップデート最新情報!(3月5日(日本時間3月6日)時点)>
① スマホ版でも日本語対応となりました!
② クイックチャットが使えるようになりました!
③ キルフラッシュが発生しない仕様になりました!

最近ではYoutubeでの実況配信等も増え、その人気が過熱しているように思います。
私もハマっている一人で、どうすれば上手い立ち回りが出来るかをよく考えています。

そこで本記事では、Among Usでインポスターになった際のコツや立ち回りについて、私なりの考察を解説していきます。

なお、本記事はある程度ゲームに慣れてきた方向けの記事となります。
初心者の方はこちらの記事を先にお読みください!

【Among us/アモングアス】インポスターのコツ・立ち回り
「Among Us/アモングアス」でインポスターとしてプレイする際の立ち回り方やコツを紹介します!
<こんな人におすすめ>
・インポスターに慣れてきたから、作戦を考えたい
・会議で疑われないようにしたい
・オシャレなキルをしたい
否定ペンギン
否定ペンギン

誰からキルしようかな・・・ふっふっふっ(キルなんてそんなサイコパスなこと怖くてできないー♡)

肯定ペンギン
肯定ペンギン

心の声の方が出ちゃってるよ・・・

スポンサーリンク

【通常行動時】

フェイクタスクをしながらキルクールタイムを稼ぐ

インポスターだとばれないようにフェイクタスクをしよう!

フェイクタスクをする理由は3つあります。

① クルーであるように見せかける
② キルクールタイムを稼ぐ
③ 考えながらサボタージュを実行する

この時、フェイクタスクを実行する場所が重要です。
数秒でタスクが完了する場所に何秒も留まっていると、インポスターであることを疑われてしまうからです。

タスクに時間がかかる、もしくは留まっていても怪しまれない場所は下記になります。

アドミン端末(@アドミン)

アドミン端末

アドミン端末は基本的に眺めている時間が長いため、ここに留まっていても基本的には怪しまれることはないでしょう。

ただし、アドミン端末を開いてしまうとキルクールタイムが縮んでいかないため、注意が必要です。

小惑星除去(@ウエポン)

小惑星除去

ウエポンルームでの小惑星除去は、20個の小惑星を打ち落とすことが必要なため、かなりの時間を要するタスクです。

そのため、ここに長時間いても怪しまれることは少ないかと思います。

リアクター起動(@リアクター)

リアクター起動

リアクター起動では、スクリーンに青く表示されるマスの位置と順番を記憶し、キーパッドに入力する作業を5回繰り返さなければなりません。

こちらも、小惑星除去と同様にかなりの時間を要するタスクとなります。そのため、長時間いても怪しまれることは少ないかと思います。

また、リアクター解除のサボタージュの後にここに留まってタスクをしているフリをすることで、クルー陣営であるように見せかけることが出来ます。

アリバイを作る

アリバイを作ることで、インポスターではないことを主張しよう!

誰かがキルされたとき、アリバイがないと真っ先に疑われてしまいます。
そのため、誰かと一緒にいることで、そのクルーに白出ししてもらえるようにしましょう。

キルした後は逆サイドのサボタージュを起こす

死亡推定時刻を特定されないようにしよう!

死亡推定時刻が特定されると、途端にインポスター側が不利になります。

画面右側でキルをした時は、画面左側のリアクターのサボタージュを起こしましょう。
また、画面左側でキルをした時は、画面右側のO2のサボタージュを起こしましょう。

そうすることで、死体と逆側に人が集まり、死体の発見が遅れるため、死亡時刻の推定が困難になります。

また、サボタージュ後は誰かと一緒にいることで、アリバイを作ることもできます。

2人きりでキルできる場面で、あえてキルしない

奥まったところで2人きりになった時は、キルの絶好のチャンスです。

それを逆手に利用し、あえてキルをしないことで、インポスターではないと思い込ませることが出来ます。

クルーのような挙動を取る

会議後、扉閉めから右上のタスクをしているフリをする

クルーだと思わせる行動をしよう!

まず会議終了後にカフェテリアの扉を閉めることで、他のクルーの動きを制限し、キルクールタイムを10秒稼ぐことが出来ます。

また、その時間を利用して右上のタスクをしているフリをすることで、そのわずかな時間も有効活用しているクルーであると思わせることが出来ます。

スポンサーリンク

【キル時】

クルーであることが確定しているプレイヤーからキルを行う

疑われている人を残すようにしよう!

クルーであることが確定している人は、会議で追放されることがありません。

そのため、クルーであることが確定しているプレイヤーを優先してキルし、疑われている人をゲームに残すようにしましょう。

キルのバリエーションを持つ

停電キル

停電時はキルの絶好のチャンス!

停電が発生するとクルー側の視界が狭くなるため、死体発見が遅れる上、他のプレイヤーの位置もあいまいになります。

停電を発生させた際は積極的にキルを行うようにしましょう。

また、インポスターが二人以上いるときは「どさくさキル」も有効です。
これは、停電発生時には発電機前に人が集まるため、そのタイミングを狙ってキルを行うことです。

通常、クルーは上図のようにレバー操作画面を開いているため、キルが発生してもそれに気づくことが出来ません。

発電機前でキルを起こすと、停電を直し終わった後には死体が転がっている、という状況が発生することになります。
その場合、容疑者が数多く存在するため、ローラーせざるを得なくなります。

ローラーされた場合、インポスターが一人だと人数次第では負けることが確定してしまうため、インポスターが二人以上いるときにおすすめです。

待ち伏せキル

待ち伏せがばれないように、サボタージュとドア閉めを駆使して時間を稼ごう!

まずは、人目につかない奥まった場所でクルーをキルするようにしましょう。
その後、その場に立ち止まり、キルクールタイムを稼ぎます。
次にやってきたクルーもキルすることで、死体を発見できないようにしましょう。

この際の注意点は3つあります。

① キルした後、すぐに離れたところのサボタージュを起こす
② ドア閉めを効果的に行い、クルーの動きを制限し死体発見を遅らす
③ アドミンを見られてる場合に注意が必要

①②は死体発見を遅らす効果とキルクールタイムを稼ぐ効果があります。

待ち伏せしていても、キルクールタイムが回復していなければクルーをキルすることが出来ないため、死体の横で立ち止まっている人となってしまい、クルーに死体が見つかった時は一発でインポスターであることが疑われてしまいます。

万が一そうなった場合は、今見つけた風を装って、セルフレポートをするようにしましょう。

③は厄介です。例えば、キル後に緊急会議ボタンを押されてアドミンを見てた人がいる場合、その部屋には自分と死体の2人が存在していたことがばれてしまいます。

そのため、待つときはアドミンに情報が映らない通路で待つようにするか、その部屋にはいなかったと上手く噓をつくかの対策が必要となります。

ベントキル

ベントを上手く利用して、アリバイ工作をしよう!

ベントを効果的に使用することで、自分のアリバイをつくり出すことが出来ます。

例えば、リアクターのサボタージュ後に、すぐにリアクターを出て上部のアッパーエンジンに向かったとします。

そして、アッパーエンジンのベントを使用して、再度リアクターに戻ってくることで、サボタージュ後にリアクターでタスクをしているクルーをキルすることが出来ます。そして、再度ベントを使用しその場から立ち去ります。

死体発見後の会議の際には、「自分は一番最初にリアクターから出ていった。リアクターに最後に残っていた人が怪しいのではないか」という証言と共に、クルーに疑いの目を向けることが出来ます。また、自分がアッパーエンジンに向かったことを誰かに見ていてもらえればなおよしです。

このように、ベントを上手く利用することで、通常の動きではできない動きと位置工作をすることができるため、クルーをかく乱することが出来ます。

※上級者向け
このベントキルは諸刃の剣です!
めちゃくちゃ難しいですが、決まった時は気持ちいはずです!

Electricalの奥には、データのダウンロードのタスクを行う場所があります。
ダウンロードのタスクを行っている間は上図のようなタスク画面が開き、周りの状況がほとんど見えなくなってしまいます。
また、そのタスクを行う真下にはベントが存在します。

勘のいい方はこの説明だけでわかったかもしれません。
インポスターはこの状況を上手く利用します。

クルーがダウンロードを始めたと思ったら、ベントに潜って医務室またはセキュリティに向かいます。そこにいるクルーをキルし、平然とElectricalに戻ります。

そうすることで、ダウンロードを行っていた人と全く同じ部屋にずっと一緒にいたため、キルが出来ないというアリバイを作ることが出来ます。

ただし、いわずもがなですが、ベントに入ったことを見られた場合はすぐにインポスターであることが確定してしまうため、この方法を使用するには細心の注意が必要です。データをダウンロードるのにかかる時間は8-9秒程度のため、その時間内にベントキルを完了する必要があります。

スポンサーリンク

【会議時】

初手で会議ボタンを押す(通称:白アピボタン)

ゲーム開始直後に誰もキルされていない状態で会議ボタンを押しましょう。

このボタンは、クルーにとって下記のメリットがあるため、クルー陣営であるような印象を植え付けることが出来ます。

① キルクールタイムをリセットすることが出来る
② 死体隠しではないボタン消費・今後の死体隠しの権利を失う

ただし、インポスターにとっては不利になるデメリットはあるため、使用する際は注意しましょう。また、中盤以降の盤面になると、初手でボタンを押したことを忘れがちなので、そこも注意するようにしましょう。

浮いている人に疑いの目を向ける

死体発見時の会議では、死亡推定時刻とその時刻のアリバイが重要になります。
今まで述べてきたような死亡推定時刻をかく乱させる動きと、アリバイ作りに努めましょう。

また、キル後に上手くアリバイが作れていた場合は、浮いている人をあぶり出し、その人に疑いの目を向けるような誘導をしましょう。

複数人で行動していた人を特定し、単独行動していた人をインポスター候補として挙げられるとベストです。

死亡推定時刻をあいまいにする

どうしてもアリバイが作れなかった場合は、死亡推定時刻をなるべくあいまいにするよう会話を誘導しましょう。

死亡推定時刻が確定できないと、容疑者を絞ることが出来ないため、ローラーされる危険性が下がります。
また、自分以外のプレイヤーにも疑いの目を向けることが出来るため、時刻が特定できない場合はかなり有利になります。

サボタージュ発動後にセルフレポートを行う

サボタージュを発動させるのはインポスターの特権です。
そのサボタージュを遮ってまで死体発見報告をするというのは、クルー側の考えに近いです。

その考えを逆手に取り、あえてサボタージュを起こした後にセルフレポートを行うことで、クルー陣営であるかのように見せかけることが出来ます。

ただし、死体発見場所に近い人がいなかった場合や、死体発見場所に直近に人がいて、死体がないことが確認されている場合は死亡推定時刻が特定されてしまい、セルフレポートであることがばれてしまう点には注意が必要です。

スポンサーリンク

【まとめ】

以上、私が「Among us」のインポスターをプレイしてみて考察したことをまとめてみました。

ただし、頭でいろいろ考えてみても、実際にプレーするとなかなか上手くいかなかったりすることが多いのが、このゲームの面白いところでもありますよね。

難しいからこそ、色々自分なりの作戦を考えて、それがハマった時の快感が大きいのだと思います。
ベントキル等は、難易度が高いと思いますが、決まった時は脳汁が出ると思います。笑

本記事がAmong Usをプレイする方に楽しんでもらえたり参考にしてもらえれば幸いです。

それではまた!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 【Among Us/アモングアス】インポスターのコツ・立ち回り(応用編) アップ… […]

タイトルとURLをコピーしました