【Among Us/アモングアス/アマングアス】クルーのコツ・立ち回り(応用編)

Among us

みなさんは「Among us」というゲームを御存じでしょうか。

Among usを一言で説明するならば、「宇宙船を舞台にした人狼ゲーム」のようなものです。

PC/iOS/Andorid/Switchでプレイすることができ、PC・Switch版では520円、モバイル版では無料でゲームをプレイすることが出来ます。

最近ではYoutubeでの実況配信等も増え、その人気が過熱しているように思います。
私もハマっている一人で、どうすれば上手い立ち回りが出来るかをよく考えています。

そこで本記事では、Among Usでクルーになった際のコツや立ち回りについて、私なりの考察を解説していきます。

なお、本記事はある程度ゲームに慣れてきた方向けの記事となります。
初心者の方はこちらの記事を先にお読みください!

【Among us/アモングアス】クルーのコツ・立ち回り
みなさんは「Among us」というゲームを御存じでしょうか。Among usを一言で説明するならば、...
【Among us/アモングアス】インポスターのコツ・立ち回り
「Among Us/アモングアス」でインポスターとしてプレイする際の立ち回り方やコツを紹介します!
<こんな人におすすめ>
・クルーに慣れてきたから、作戦を考えたい
・会議で有効な発言をしたい
・宇宙警察になりたい
否定ペンギン
否定ペンギン

サボタージュを直す奴はまだ凡人!プロクルーならその時間で死体を探せ!

肯定ペンギン
肯定ペンギン

(・・・まあ確かに。。。あながち間違ってない・・・)

スポンサーリンク

【通常行動時】

怪しい動きをするプレイヤーをチェックする

タスクをこなしながらもマップを巡回し、死体がないか、または怪しい動きをしているプレイヤーがいないかをチェックしましょう。
その際は、なるべく孤立しないようにしながら移動するようにしましょう。
下記のようなプレイヤーはインポスターである可能性があるため要チェックです。

・2~3秒で終わるタスクのところに長時間止まっているプレイヤー
・意味もなくUターンしているプレイヤー
・その時点でタスクがないであろう場所に向かっていくプレイヤー
(例:初手カフェテリアの左上に向かう、何度も同じタスク場所に向かっている等)
・ベント移動が疑われる場所
(例:セキュリティルームの下はベント移動でしか行く必要がありません)

上記画面は、フリープレイモードですべてのタスクをopenにした時の画面です。
この図からも分かるように、カフェテリア左上には最初の時点ではタスクが存在しません。

そのため、真っ先にそこに向かうプレイヤーがいたらダミータスクをしていることを疑いましょう。

セキュリティルームの下にはタスクがないため、クルー陣営は向かう必要のない場所となります。

その辺にプレイヤーがいる場合、ベントから出てきたインポスターの可能性があるため要注意です。

サボタージュの起きている逆側にあえて向かう

サボタージュの逆側に死体のある可能性が高い!
インポスターがサボタージュを起こすのは、誰かをキルする前後のことが多いです。
サボタージュによって、死体発見を遅らせる目的があります。

そのため、その行動心理を逆手に取り、サボタージュが発動した際にあえて逆側へ向かってみましょう。死体を発見できる確率が普段より上がるはずです。

また、その際に出会ったプレイヤーはきちんと覚えておくようにしましょう。誰がサボタージュを直していて、誰が向かっていなかったかというのは、会議時に大事な情報となります。

・死体を発見できる確率が高まる
・死体発見前にすれ違った人がいる場合、インポスターを特定できる確率が高まる
・死亡推定時刻の特定がしやすくなる
→サボタージュ後に発見した場合、いつキルされたかが不鮮明となる
・サボタージュを直さないことにより、緊急タスク未処理による敗北の可能性がある
・緊急タスクを行わないため、インポスターであると疑われる可能性がある
・サボタージュの逆側でインポスターのキルの対象となってしまう可能性がある

コミュニケーションでのサボタージュをあえて直さない

コミュサボを直さないことで、他のサボタージュを発生させない!
コミュニケーションのサボタージュには制限時間がありません。そのため、直さない限り永遠に継続します。

この性質を逆手に利用し、あえて直さないことで、他のサボタージュ(リアクターメルトダウン、O2、停電)やドア閉めをすることが出来なくさせましょう。

・あえて直さないことで、他のサボタージュを出来なくさせる
・ドア閉めや他のサボタージュがないことで、クルーの行動範囲が制限されず、縦横無尽にマップを移動することになるため、インポスターがキルをしにくくなる上、死体発見も早まる
・タスク場所を覚えていれば、タスクを円滑に進めることが出来る
・アドミン・監視カメラが使用不能になる
・タスクの場所を覚えていないと、動きに無駄が出る
スポンサーリンク

【会議時】

開幕直後の緊急会議ボタン押し

開幕直後に緊急ボタンを押すメリットは下記3点となります。

・キルクールタイムを稼げる
→開幕直後のキルクールタイムは設定に関わらず10秒になっている。
開幕直後の緊急会議ボタンにより、それをリセットすることが出来る
・タスクバーが進んでいる場合、一部のクルーを確定することが出来る
・自分がクルーであるアピールボタンになる

ゲーム開始直後にこの緊急会議ボタンを押すことで、自身が白であるアピールをすることが出来ます。

ただし、中盤以降、会議ボタンを押すことが出来なくなってしまっていることを忘れがちなので注意が必要です。

死亡場所・死亡推定時刻を明確にする

死体発見での緊急会議では、その死体がどこにあったのか、またいつ頃キルされたのかの死亡推定時刻を明らかにするようにしましょう。

死亡推定時刻を特定できた場合は、インポスターである容疑者を絞り込むことが容易になります。

ただし、発見者がセルフレポートをしている可能性は常に疑いましょう。その場合、虚偽の死体発見場所や時刻を言っている可能性があります。

発言に怪しいところや矛盾がないかには常に気を配るようにしましょう。

浮いている人をあぶり出す・ベントの可能性を常に考える

死亡推定時刻が特定出来たら、その時刻におけるアリバイを確認しましょう。

例えば、自分目線でほかのプレイヤーが白であることを証明できる場合は、

「青はその時間リアクターを直してたから無理だと思う」というような発言をするようにしましょう。

逆に、他のプレイヤーから自分が白であることを証明してもらうため、

「その時監視カメラ除いてたからできないと思う」のように、白出しをしてもらうようにしましょう。

ただし、アリバイ確認の際は下記2点に注意が必要です。

・お互いに白証明をしている二人が2狼(二人ともインポスター)である可能性がある
・アリバイが証明出来ていても、ベント移動でキルが出来ている可能性がある
お互いに犯行が出来ないことを証明しているペアがいる場合、最も注意しなければならないのは、その二人が共にインポスターである場合です。
白証明をしているのがその二人だけの場合は、確定白とはならないことに注意しましょう。
 
また、アリバイが証明出来ているプレイヤーについても、ベント移動の可能性を常に考えるようにしましょう。
例えば、セキュリティルームにて死体が発見されたとします。
その際、自分と他のプレイヤーがずっとエレクトリカルにいて、お互いに見ていたとすると、そのプレイヤーに犯行は不可能であると考えるのが通常だと思います。
しかし、自分がタスクをしていた場合、タスク画面が開いているため、画面後ろの状況が見えなくなり、他のプレイヤーがどんな行動をしているかがわからなくなります。
ダウンロードのタスクの場合はそれが9秒程度持続するため、その時間を利用してベントに潜り、セキュリティルームに行ってキルをして帰ってくることが可能な時間となるわけです。
このように、「ベント移動」はインポスターにとってかなり強力な武器となるため、ベントキルの可能性は常に考慮するようにしましょう。
スポンサーリンク

【その他】

アドミン・カメラは強い味方

<アドミン端末>
・死亡推定時刻から、アリバイの証明をすることが出来る
・ベント移動をしているインポスターを見破ることが出来る
<セキュリティカメラ>
・現行犯逮捕できる
・部屋に入った後の挙動を確認できる
・アドミン端末にずっと張り付いているとタスクが進まない
・すべての情報がわかるわけではない
・セキュリティに孤立している状況をインポスターに狙われる

アドミン端末・セキュリティカメラはインポスターの情報を特定するのに非常に便利なツールです。

死亡推定時刻が特定できている場合、その時点でどの部屋に何人いたかをアドミン端末により特定することが出来ます。セキュリティに人影がいないのにそこにいたと主張している場合や、逆に、人影があるのにそこに誰もいない、という場合は誰かが嘘をついている可能性があります。

また、アドミン端末にはベントに潜んでいるプレイヤーもカウントされます。

ベント移動をしているプレイヤーをあぶり出すのにも便利です。

肯定ペンギン
肯定ペンギン

アドミンの部屋に僕しかいないのに、人数が2になってる・・・
・・・殺される!!!

このように、アドミンの部屋に自分しかいないのに人数が2になっている場合はインポスターがベントに潜んでいます。
この場合、キルされる可能性が高いため、ベントに近づいてキルを誘発し、ベントから出てきたところで即座に逃げてカフェテリアの緊急会議ボタンを押せるとベストです。笑

セキュリティカメラは言うまでもなく、犯行現場を押さえることが出来ます。

同じ部屋に2人以上入った時、1人が出てきたのにもう一人が出てこない時は、かなりの確率でキルが起きてると考えられます。

もしくは、その部屋に入っていった人が出てこない場合にも注意が必要です。
その場合は、ベントを使用している可能性が高いです。

ただし、セキュリティカメラを使用しているときは基本孤立しているため、インポスターに狙われやすいため注意も必要です。

スポンサーリンク

停電中などのどさくさキルに要注意

「どさくさキル」とはプレイヤーが一か所に集まっている時にキルを起こし、誰がキルをしたかわからなくさせる方法です。
特に、停電発生時には発電機前に人が集まるため、そのタイミングを狙ってキルが発生する場合が多いです。

人が密集してしまった際は、一度自分のタスク等をやめ、一歩引いたところからその集団を観察するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、私が「Among us」のクルーをプレイしてみて考察したことをまとめてみました。

現行犯でキルしているところやベントに入っているところを見つけた時もそれはそれで笑ってしまい楽しいですが、きちんと推理をしてその推理が当たっていた時の快感というのもこのゲームの醍醐味であるように思います。

本記事が宇宙警察を生み出す一助になりましたら幸いです。笑

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました